「未分類」カテゴリーアーカイブ

洗濯のしやすい空間を作りたい方のために

家事のしやすい環境を実現するためにキッチンを広くしたり、収納スペースをまとめたりなど効率の良い家事動線を考える人たちが多いと思いますが、家事はキッチン周りだけではありません。キッチンの次に大変だと言われているのが洗濯物です。洗濯をより楽にするためには間取りが大切になるので、今回は洗濯を楽にするための考え方についてを紹介します。

まず、洗濯にはどのような要素が必要になるのでしょうか?洗濯は4つの要素で構成されており、洗う、干す、取り込む、しまうの4つが存在しています。洗濯を楽にするためには4つの要素のうち、洗うと干すを家の中のどこにするのかということが楽にするためには重要なポイントとなります。

まず、その中でも洗うについて説明をしますが、洗うというのは洗濯機の設置場所が大切になります。楽になるポイントとしては水回りを集約するという意味でもバスルームの近くに設置できるように間取りを考えましょう。

続いて干す動作についてですが、基本的に一般の家庭では洗いあがったら物干しスペースへ持っていくことが通常になりますが、特にバルコニーに出す場合には動線が長くなってしまいます。負担を減らすためにはバルコニーを直結させるか、室内干しが可能なサンルームのような場所も作ると良いでしょう。このように、家事を楽にするための方法はたくさん存在しています。

家事動線を考えた間取りについて

家事を楽にするためには色々な方法が存在していますが、その中でも最も考えなければならないのが家事動線になります。動線についてをこだわることによって、より家事のしやすい環境を作り上げることが可能になるので、今回は家事を楽にするための家事動線の考え方についてを紹介します。

まず、動線については基本的にシンプルな方が家事がしやすい環境を作ることができます。例えば収納箇所が色々な場所に存在をしていると動く範囲が広くなり、負担も大きくなるので家事をする際に疲れてしまいます。しかし、動線をシンプルにして収納のスペースをまとめたりなど整理することによって家事のしやすい環境を作ることができます。

また、キッチンの間取りに関してもリビングを広くするためにあまりにも狭く作ってしまうと家事がしにくくなるので後々後悔をしてしまう可能性が高くなります。キッチンのスペースの広さも重要になるので、間取りについてはしっかりと考えておくようにしましょう。

このように、一部分の紹介になりましたが、家事動線を考えるのはとても大切なポイントとなるので、家事を楽にしたいと思っている場合にはどうしたら負担が少なくなるのかということを考えながら間取りについてを考えるようにしましょう。

注文住宅の特徴

世の中にはマイホームの購入を夢に見ている人たちがたくさん存在していると思いますが、より満足度の高いマイホームを手に入れるには注文住宅を選択した方が良いでしょう。なぜ、注文住宅が良いのかというと、注文住宅なら自分の理想通りに夢のマイホームを作れるからになります。自由度が高いので、注文住宅で家を造りたいと思っている人たちもたくさん存在しています。基本的にはオーダーメイドで作ることができるので、外観から内装まで隅々までこだわることができます。

しかし、自由度が高いだけが注文住宅の魅力ではありません。注文住宅というと価格が高くて敷居が高いと思っている人たちもいますが、実は注文住宅は予算についても調整しながらマイホームを建てていくことが可能です。例えば使用する木材については高級なものを使用し、他の場所はこだわらないというようにこだわる場所とこだわらない場所を決めることができるので、それによって予算についても調整することができます。その為、価格も予算に合わせながら決めていくことが可能なので必ずしも高い価格になるというわけではありません。

このように、注文住宅ならではの特徴についてを紹介しましたが、注文住宅のみならずですが、新築で家を建てる時に後悔しがちなポイントも存在しています。それがキッチン周りなど家事のしやすさを忘れて設計をしてしまうことです。そんな失敗が無いように、注文住宅を依頼している業者の担当者とはじっくり気が済むまで話し合うことが大事です。遠慮や気遣いをしてしまうと、家が建った時に後悔するのは自分です。とくに家事はできる限り楽にできた方が負担も少なくなるので、このサイトでは家事を楽にするための家づくりについて紹介をします。