洗濯のしやすい空間を作りたい方のために

家事のしやすい環境を実現するためにキッチンを広くしたり、収納スペースをまとめたりなど効率の良い家事動線を考える人たちが多いと思いますが、家事はキッチン周りだけではありません。キッチンの次に大変だと言われているのが洗濯物です。洗濯をより楽にするためには間取りが大切になるので、今回は洗濯を楽にするための考え方についてを紹介します。

まず、洗濯にはどのような要素が必要になるのでしょうか?洗濯は4つの要素で構成されており、洗う、干す、取り込む、しまうの4つが存在しています。洗濯を楽にするためには4つの要素のうち、洗うと干すを家の中のどこにするのかということが楽にするためには重要なポイントとなります。

まず、その中でも洗うについて説明をしますが、洗うというのは洗濯機の設置場所が大切になります。楽になるポイントとしては水回りを集約するという意味でもバスルームの近くに設置できるように間取りを考えましょう。

続いて干す動作についてですが、基本的に一般の家庭では洗いあがったら物干しスペースへ持っていくことが通常になりますが、特にバルコニーに出す場合には動線が長くなってしまいます。負担を減らすためにはバルコニーを直結させるか、室内干しが可能なサンルームのような場所も作ると良いでしょう。このように、家事を楽にするための方法はたくさん存在しています。